大きく成長しつつあるスマートフォン市場は、大きなビジネスチャンスが秘められている。それだけに、成功を目指して開発者たちがこの業界に参入している。
情報技術の分野で、これまでパソコンやサーバー向けのソフトウェア制作を行ってきた制作会社も、android向けのアプリ開発に乗り出す動きがある。
しかし、パソコンやサーバーのソフトウェア制作とは事情が異なる点もあるため、注意を必要とする。スマートフォンの機種の中でも、android携帯は多種多様な種類の製品が登場している。
ユーザーにとって選択肢が豊富であり、高く評価されているポイントである。

しかし、開発者にとっては、ターゲットの仕様が固まらないという点が苦労する点もある。
ソフト制作では、ハードウェアの仕様を把握した上で制作を行う。
しかし、ハードウェアの条件が各スマートフォンで異なる場合には、正常に動作しないことがある。
画面サイズや解像度にも多様な製品が登場しているため、これらの点について配慮を行った上で、制作を行う事が求められる。

各機種の仕様の違いについては、プログラム側である程度吸収することが可能である。その分だけソフトウェア設計で工夫が必要となり、作業量も多くなる事から苦労が伴う。
androidのスマートフォンアプリを制作の場合には、仕様の違いについて把握した上で制作を始めるか、違いを吸収する基本システムを始めに製作する方法がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website